消費カロリーって?

消費カロリーって?

1日の消費カロリーは基礎代謝、運動量、食事誘発性の3つで決まります。
これら3つのうちで消費カロリーの大半を占めるのは、基礎代謝になります。
その割合は一般的には全体の約70%とも言われています。
運動による消費カロリーは全体の約20%で、残りの10%が食事誘発性と言われています。
具体例でいえば、1日の消費カロリーが2000キロカロリーの男性であれば、約1400キロカロリーが基礎代謝、約400キロカロリーが運動、200キロカロリーが食事誘発性という感じです。
つまり、基礎代謝は体重のコントロールに大きな影響力があることがわかります。
基礎代謝は身長、体重、年齢、性別、筋肉量などで異なり、基本的に加齢とともに低下していきます。
若い頃よりも太りやすくなった、若いうちはいくら食べても太らなかった、というのは基礎代謝の低下も大きく影響していると考えられます。
ただし、ここで注意したいのは、それぞれの要素が実際にどれだけ消費カロリーを変化させられるかが最も重要になってきます。
食事誘発性はなかなか変化を与えることは難しいです。
基礎代謝は筋肉量を増やせば上がりますがすぐに変化は起きません。
運動量は即効性があります。
なので、即効性を意識する場合は、有酸素運動をすることが大切ですし、長い目で見る場合は基礎代謝を意識することが重要です。

初心者向け 井上大輔カテゴリの最新記事