シェーカーの選び方のポイント

NO IMAGE

プロテインを飲む際には、シェーカーにプロテインと水(もしくは牛乳)を入れて、しっかりとシェーカーを振ってプロテインを溶かしてから飲みます。
プロテインを飲む際にはシェーカーが必須アイテムですが、シェーカーを選ぶ際にいくつか注意したいポイントがあります。
①フタの締まりが良いやつ
シェーカーはプロテインメーカーが出してるものから百円均一まであります。
安いものでも悪くありませんが、中にはフタの締まりや噛み合わせが悪く、シェーカーで振った際に漏れてくるものもあります。
漏れると手もベタつくので、しっかりとフタが締まるものにしましょう。

②洗いやすい大きさ太さ
シェーカーの大きさや太さや形は様々ありますが、プロテインをシェーカーで飲む場合、当然ですがその後、シェーカーを洗う作業もあります。
ここに面倒くささが生じるとプロテインを飲む抵抗になり得るので、ここは大切です。
具体的には、
・フタ自体が飲み口になっていてフタ自体を洗うのが少し手間になるもの
・シェーカー自体の太さが細長く、手で持ったスポンジが底まで届かない
などがあります。
洗う観点では、フタは平坦で、大きさは300〜500ml用で、太め(底が深すぎない)シェーカーをオススメします。

③容量
シェーカーには、小さいもの(250ml)〜大きいもの(800ml)など形や大きさは様々あります。
大きいものでフタが飲み口になってるものは運動中のスポーツドリンク用だったりします。
プロテインを摂取する上では、1回あたり200ml前後の水か牛乳で割るのが一般的です。
それにプロテインの粉も加えるため、プロテインを飲む用であれば大きさは500mlが無難です。
※300mlだと振った際、空間があまりなく溶けにくい場合もあります。

以上の観点からオススメのシェーカーは
ウィダーのシェーカーです。

論理的ボディメイク 井上大輔カテゴリの最新記事