タンパク質の摂取は意識が必要

タンパク質の摂取は意識が必要

1日に必要なタンパク質量の目安は体重や運動レベルによって異なります。
実際に、60kgで筋トレ週2回の方はタンパク質90gが1日の必要量の目安になります。
この90gというタンパク質量を一般的な食事で摂取するというのは実は非常に難しいです。
まず、一度に90g摂るよりも、何度かに分けて摂取する方が効果的になります。
(理由:摂取した栄養素を一度で体内に吸収できる量は限界があり、また、血中アミノ酸濃度は時間とともに低下するため)
1日3食で生活している方で、
朝30g
昼30g
夕30g
と均等に摂取したとします。
朝食でいえば、タンパク質30gは
卵1個 6g
牛乳コップ1杯 6g
ご飯1杯 3g
納豆1パック 6g
ヨーグルト1個 6g
これでも少し足りません。
昼食は
外食でパスタや蕎麦や牛丼
コンビニで菓子パンやおにぎりにサラダ
これらではまず30gには達しません。
かといって、唐揚げ定食や焼き魚定食にするとカロリーは高くなります。
夕食は
牛肉150gで約30gです。
※肉の種類や部位によります。
これを毎日というのは、金銭的にも総摂取カロリー的にもなかなか厳しくなります。
つまり、タンパク質の必要量を摂取するということは、
・何の食材にどれくらいタンパク質が含まれているのか
・1食の構成をどのようにするか
『意識』をしながら食事をする必要がある。ということです。

メンタルヘルスカテゴリの最新記事