全面性の法則

NO IMAGE

トレーニングの成果を出す上で、トレーニングメニューは重要です。
特異性の法則によって目的に応じた効果的なメニューの作成が必要になります。
スポーツの動作特異的なトレーニング種目、ダイエットにおいて引き締めたい部位だけをトレーニングすること、これが成果を出すためのすべてと言うわけではありません。
自分の気付いていないことや思いがけないことが、結果的に目的の成果につながる可能性があります。
例えば、マラソンのタイムを縮めたいからランニングばかりしている。
という人にとって、スイミングが意味ないかというと全くそんなことはありません。
スイミングによって、ランニングでは使わない筋肉を鍛えられたり、肩甲骨周りの可動域が広がったりすることで、今まで固定されたランニングフォームに効果的な変化が生じたり、ランニングに必要だけど今まで使えていなかった筋肉を発見できたりすることがあります。
そこで全面性の法則があります。
全面性の法則とは「筋力だけ、脚の筋肉だけなど限定的なトレーニングだけでなく、全身の筋肉を鍛えたり、柔軟性、バランス力など全面的にトレーニングすることが大切」ということです。
固定されたトレーニング種目、動作ばかりではなく、様々な刺激を与えることで、新たな課題や違う発見などが見つかって、結果的に目的につながる十分に可能性があります。
成果に伸び悩んでいる方にとっては、実はまだ他の部分で伸びしろがたっぷりあるという希望にも繋がります。

論理的ボディメイク 井上大輔カテゴリの最新記事