プロテインの摂取タイミング

NO IMAGE

カラダづくりにおける効率の良いプロテインの摂取タイミングについてです。
筋トレ直後(30分以内)
このタイミングのためにプロテインは開発されたようなものです。
筋トレ直後は成長ホルモンや男性ホルモンなどが分泌され、筋肉の合成(破壊した筋肉の修復)が最も生じやすい状態です。このタイミングで吸収スピードの早く、筋肉の構成に近いホエイプロテインが大活躍します。
寝る前
寝ている間に成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンはカラダをつくるためのホルモンで、筋タンパク質合成ホルモンです。寝ている間にタンパク質は欲しいですが、寝る直前に肉などを食べて摂取すると、消化器系に負担をかけてしまうため、分子の細かい状態のプロテインを摂取することで、胃に負担をかけずに寝ることができます。
朝起きたとき
寝ている間は栄養を摂取していないため、朝起きたときは血中のアミノ酸濃度が低い状態です。
朝ごはんは夜と違って時間も食欲もあまりなく、なかなかタンパク質を摂取することがしにくいです。
プロテインは素早く血中アミノ酸濃度を高め、短時間でしっかりとタンパク質量を摂れるため、朝にも良いです。
あくまでサプリメントなので、基本は朝食でしっかりとタンパク質とエネルギーの糖質を摂ることが大切です。
間食
タンパク質は一度に吸収できる量に限界があります。1日に必要なタンパク質量を一度で摂取するよりも、何度かに分けて摂取することが、カラダづくりには重要です。そこで、朝・昼・夕の3度の食事に加えて、昼と夕の間の時間にタンパク質を補給するためにプロテインが役に立ちます。
おやつタイムの空腹感も抑えられるので、デザートや甘いものなどで余計なカロリーを抑えるのにも良いでしょう。

論理的ボディメイク 井上大輔カテゴリの最新記事