筋肉の増やし方

筋肉の増やし方

筋トレは筋肉の合成を促進し、分解を妨げる一石二鳥のお得な行動で、さらに機能的にも健康的にも美的にも役立ちます。
ただし、筋トレの中でも上手い筋トレと下手な筋トレが存在します。
この区別をするためには、筋トレによる筋肥大のメカニズムを知ることが大切です。このメカニズムを理解していれば、どうすれば上手くなれるか答えが見えてきます。
筋トレによる筋肥大のメカニズムは、
・機械的刺激
・代謝的刺激
この2つの刺激が筋肥大を引き起こすのです。
それぞれを説明すると、
機械的刺激とは、筋肉に対して物理的な刺激を与えることです。
イメージとしては、重いダンベルを手に持ちながら、力こぶにあたる腕の筋肉を伸ばしたり縮めたりすることで、その筋肉の線維に傷をいれていく感じです。なので、ある程度の重さが必要ですし、回数も何回か必要になってきます。
代謝的刺激とは、筋肉に対して化学的に刺激を与えることです。
イメージは少し難しいですが、筋肉に負荷をかけて動かすと、その筋肉から血中に代謝産物(代表例は乳酸や水素イオン)が発生します。
そこで動作の最中に筋肉に力を抜かずにいると、局所的に血流制限が起こります。
そうなると、鍛えている筋肉の周りは代謝産物が一時的に蓄積し、その代謝産物(例:水素イオンによって局所的に血液が酸性になる)がその筋肉にダメージを与える感じです。
また、代謝的刺激では、血中乳酸値が高まって筋肉をつくる成長ホルモンの分泌も発生します。
このイメージをもつとどのような筋トレが上手く効果が出やすいのか分かってきます。

論理的ボディメイク 井上大輔カテゴリの最新記事