ビールってどうすれば?

ビールってどうすれば?

ビールについて考える!
サプリメントではないですがダイエットしたいと思っているあなたの敵ではないですか?
いけないとわかりつつもつい冷蔵庫の中にあるキンキンに冷えたビールに手が伸びてしまうのではないでしょうか?
飲まないにこした事はありませんが、それがストレスになってしまうのであれば対処法と太る理由を解説していきましょう。

目次
1. ビールを飲むんでいると太るとされている理由
2. ビール(アルコール)の性質
3. 飲み方次第ではダイエット効果?????
4. まとめ

1. ビールを飲んでいると太るとされる理由
ずばり!脂っこいおつまみとの相性抜群!!ビールのおつまみはなににしますか?
唐揚げ?餃子?その他揚げ物?枝豆?何でも合いますね。その中で脂っこいものを想像したあなた!
ヘルシーなおつまみにかえましょう。脂っこいもの=高カロリープラスお酒のカロリー結構なカロリー摂取しちゃいます。よって消費<摂取の関係性になり結果太ってしまいます。
だったら・・・ビールだけにすればいいんじゃないの?それは危険です。空きっ腹だとアルコールの吸収スピードも速く肝臓は吸収されたアルコールをものすごいスピードで分解するため肝臓の負担が大きくなってしまう。
なのでおつまみを食べるにしても低カロリーの枝豆や野菜類、豆腐、お肉ならささみ、砂肝(塩)などを選ぶようにしてみてください。
2. ビール(アルコール)の性質
アルコールには少し変わった性質があります。なんと、アルコールのカロリーは「優先的」に消費されます。
要はアルコールを飲むとアルコールのカロリーが優先的に消費される→アルコール分は消費されるが食事分は後回し→残ったカロリーは脂肪へ、結果太る。優先的に消費してくれるのでお酒を飲んで太るということはないので、食事次第では残るカロリー数を大幅に減らせるのでおつまみを見直す必要がありそうです。
もちろんだからと言ってお酒をたくさん飲んでいいというわけではありません。
3. 飲み方次第ではダイエット効果?????
実際気になるのはここからではないでしょうか?
注意として「飲んでやせる」わけだはありません。あくまで「飲み方次第」ですからね。
それを踏まえたうえでビールには色々な効果が期待できます。
脂肪燃焼、ビールにはビタミンB2が含まれています。脂肪をエネルギーに変える作用があるので脂肪燃焼効果が期待できます。
便秘解消、ビールに含まれる炭酸で胃腸が活発になるので便秘解消に期待できます。
抗酸化作用で美肌効果、ワインに含まれているポリフェノールにもこの作用があります。ビールにある「ホップ」にもこの作用があります。あの苦みがその証です。
ちなみに抗酸化作用は体内の活性酸素を除去してくれる働きの事です。よって病気予防、美肌効果に期待できます。
美容効果でいうと、ビール酵母に含まれるアミノ酸が、しみそばかすを防いでくれます。

仕事後のビールは癒やされるといいますよね!
実はこれにも証明できるんです。ビールに含まれる「ホップ」実はこれ薬にも使われていました。
鎮静作用があるのでビールの香りには癒やし効果があるのです。

ここから実際にビールダイエットのやり方を紹介します。
注意事項は「ただ飲めばいいわけではないこと」
1. 夕食前にゆっくり飲む。ゆっくり飲むことで血糖値の上昇を抑えてくれます。必ず守ってほしいのが飲む
目安は500mlを2本までこれ以上は飲まない。できれば350mlを1~2本に抑える。より効果を出すためには
糖質OFFのものを選ぶようにする。
2. ご飯を食べない。糖質が含まれているので同じく含まれているご飯を食べてしまうのはNG
3. 同量の水を飲む。ビールには炭酸が含まれているので満腹感を得られる。同等の水を飲むことによってより満腹感を得られる。しかも悪酔い防止にもなります。
4. 必ずおつまみにも気をつける。脂っこいものを食べては意味がないので、高タンパク低カロリーのものを選ぶようにする。例えば、枝豆、豆腐、野菜スティック、キムチ、するめ(乾燥)、海藻類、焼き魚、きのこ
などを選ぶようにしないと意味がありません。
以上の4つの事を「しっかり」守ればおいしくダイエットが可能です。
4. まとめ
ビールについて色々紹介してきました。一番は飲まないことが望ましいと思います。
それでも、ストレスがたまらないためにも対処法を紹介しました。これだけでは理想の身体を手に入れることは厳しいので運動はしなくてはなりません。理想の身体は食事と運動をバランス良く行った結果です。どちらかをおろそかにしてしまっては結果はついてきません。バランス良く頑張っていきましょう。

トータル美容 三ツ井大基カテゴリの最新記事