目標設定~後半~

目標設定~後半~

目標設定~後半~
目標設定~前半~を読んでいただいた方ありがとうございます。後半からの方は前半から読んで頂ければと思います。

身体を変えるために目標設定、管理がとても重要になってくることをお伝えしてきました。
もう少し細かく、補足としてお伝えしていきます。

目次
1. 目標レベルを途中で下げる、見直す
2. SMARTとは
3. 公式に当てはめて復習
4. 最後に
1. 目標レベルを途中で下げる、見直す
早速決めた目標に向かって進み始めたはいいがなかなか達成出来ない、そんな時は無理をせず途中でレベルを下げてください。決めた目標を細かくわけて結果、達成出来れば良いのです。小さい達成感を集めて大きい達成感にしましょう。
「これなら出来る」と自身がついて行くでしょう。また、自分レベルを知ることが出来ます。これは難しいから細かく分けていこう、これは出来るから少し大胆に設定してみることでバランスが取れてきます。

また、一人で達成が難しそうな場合、例えば、ここまでは体重落とせたがなかなか落ちない。一定の重量まで来たがなかなかあがらないなど、他の人に頼る方法があります。ここでいうパーソナルトレーナ。
停滞する期間は必ずあります。なかなかうまくいかない時期もあります。環境を変えてみましょう。
人の手を借りたり環境を変えることにより行動を起こします。少しずつでも良い方向に変っていったり、自己肯定感が高まり、嫌な流れが変ります。なので時にはメンタルレベルに合わせて環境を変えてみたり、目標レベルを下げてみるのもいいかもしれません。
2. SMARTとは
目標設定を細かく分けた理想的なものです。
S:Specific(明確かつ具体的である)
M:Measurable (測定可能である)
A:Achievably (達成可能である)
R:Result-based (成果に基づいている)
T:Time-line (期限がある)

いままで紹介してきた内容はこのSMARTに集約されています。これを覚えていれば目標も立てやすいと思います。ある著書によるとSMARTのなかで「R」が最も大切とされています。
「成果に基づいている」と言うことはあなたが「達成したい」「得たい」と思う成果を目標にすることです。
目標設定をする際本当に達成意欲がありあなたが得たいと思えるものかを考えてみましょう。
まずは、Result-basedな目標を立てて行ければ多少の困難が待ち受けていてもモチベーション高く行動に移せると思います。
3. 公式に当てはめて復習
目標を設定することを楽しみながら行ってほしいです。設定することによって今よりレベルUPしたあなたになれます。
そこで復習として簡単な公式に当てはめて設定は簡単なんだ、と思ってください。

まずは、目標=魅力的×可能性+具体的
目標を設定する上で先ほども出てきましたね。「R」と同じです。魅力的。モチベーションにもつながります。
後は毎回伝えてる、具体的。これが達成の為には重要でしたね。

次に、計画=具体的+現実的
目標が決まって行動に移すときにも具体的に決めることはとても大切でしたね。
決めた直後はモチベーションも高いために無理な計画を立てがちですが今後も続けられる現実的な計画を立てていきましょう。

そして、実行=達成感+挑戦を楽しむ気持ち
計画が定まり、実行していく時に達成感を小さくても構いません感じてください。確実に目標に近づいています。
先ほどもでた、楽しむ気持ちは「自己肯定」ですね。楽しむ気持ちや良いイメージをすることによって達成にぐっと近づきます。
4. 最後に
前半、後半と読んで頂きありがとうございました。自分身体に目標設定をしていますか?というところからスタートしました。すべて読んだあなたはきっと身体にも目標を立てて行動に移して頂けると思っています。
私も、「身体をもう少し筋肉をつけて大きくしたい」というざっくりした目標を立てそこからいつまでに体重を○Kgまで増やす。そこから、いつまでに減量する。食事はどうするか。など出来る範囲で設定して実行しています。高い目標なのでレベルを下げるかもしれません。しかし、マイナスなことではないので、自身を持っていければと思っています。ぜひSMARTな目標設定をみんなでしていきましょう。

トータル美容 三ツ井大基カテゴリの最新記事