シューズの選び方

シューズの選び方

シューズの選び方

皆さん、トレーニングシューズはどのように選んでいますか?
デザインや色、クッション性や耐久性、ブランドなど選ぶ基準はたくさんありますよね。
今回はシューズを選ぶにあたって大事な点をお伝えします!

シューズに必要な要素は、1クッション性、2衝撃緩衝性、3機能性の3つになります。

1.クッション性
クッション性はどのような運動をするのかによっても変わってきます。
例えば、ランニングをするとしたらクッション性は凄く重要になってきます。
クッション性がないと足底筋(足の裏の筋肉)や膝、足首を痛めてしまいます。
筋トレをする場合はクッションがありすぎると足の指で地面を捉えることができず逆効果になってしまいます。
なので、自分がどのような運動をするのかを見極めて決めていきましょう。

2.衝撃緩衝性
衝撃緩衝性とは着地の衝撃など足にかかる衝撃を和らげる力のことを言います。
ランニングやウォーキングをしている時、実は体重の2~4倍の衝撃が足にかかっています。
かなりの衝撃がかかっていると思いませんか?
そこで必要になってくるのが衝撃緩衝性です。
衝撃緩衝性が良いシューズであればかなりの衝撃が防げます。
衝撃緩衝性が良いシューズを選んでいきましょう。

3.機能性
機能性にもたくさんの種類がありますよね。
軽さに特化していたり、ものすごく柔らかかったり、耐久性に優れていたり。
必要な機能性も、目的によって変わってきます。
例えば、ランニングはとにかく軽いほうが足には負担がかかりにくくなります。
ですが、エアロビクスなど前後左右に動く運動だと、ランニングシューズでは支えきれなくなります。
なぜかというとランニングシューズは前に走るということを前提に作られており、左右の動きには対応できないからです。
ですから前後左右に動く運動はエアロビクス用のシューズやバスケットボールシューズなどが良いといえるでしょう。

上記の3つがシューズを選ぶにあたって必要な要素になります。
シューズを購入する際はネットなどではなく、お店に行って足のサイズを測り、3つの要素を確認しながら選んでみてください。自分に合ったシューズ選びをしていきましょう。

初心者向け 馬場健丞カテゴリの最新記事