ダイエットで聞く≪代謝≫ってなんで大事なの?

ダイエットで聞く≪代謝≫ってなんで大事なの?

あなたは、【代謝】という言葉は知っていますか?

代謝がいいとか、代謝を上げないとなど…いろいろ耳にしますよね。
ですが、【代謝】とは何か説明できますか?

恐らくはっきりとした答えは出てこないと思います。
そこで、今回は代謝について学んでいきましょう!

目次
1. 代謝とは何か
2. 代謝の種類
3. 基礎代謝を上げるためには
4. まとめ

1. 代謝とは何か
代謝とは生命の維持のために有機体が行う、外界から取り入れた無機物や有機化合物を素材として行う一連の合成や化学反応のことであり、新陳代謝の略称であるとされています。
簡単に言うと、古いものと新しいものが次々と入れ替わることです。
上記のことが行われることで人間は生命を維持しています。

2.代謝の種類
代謝には3種類あり、基礎代謝、活動代謝、食物誘発性代謝の3つです。
基礎代謝は、生命活動を維持するために自動的に行われている活動で必要なエネルギーである。活動代謝とは、何か活動を行うときに必要なエネルギーで、食物誘発性代謝は食べ物を消化するときに必要なエネルギーです。
この中で一番注目してほしいものは、【基礎代謝】になります。基礎代謝は一日に消費されるカロリーの6~7割を占めているといわれています。なので、基礎代謝が高ければ高いほど消費されるカロリーは増えるので、太りにくい体になることができます。
では、その基礎代謝を上げる方法を教えます。

3.基礎代謝を上げるためには
基礎代謝を上げる方法で最も適しているのは【筋肉量を増やす】ということです。
=筋トレをするということになりますね。
全身の筋肉量をバランスよく増やすことはもちろんのことですが、特に代謝を上げやすい部位は大筋群と呼ばれるところで脚、胸、背中になります。
なので、大筋群は必ずトレーニングをし、筋肉量を増やして少しでも基礎代謝を上げ消費カロリーを増やしましょう!

まとめ
基礎代謝が上がったからといっていつもよりカロリーを摂取してしまうと体重は変わらないどころか増えてしまうかもしれません。元も子もないですよね。
トレーニングだけではなく、食事も管理するようにして理想のボディを手に入れていきましょう!!

コンディショニング 馬場健丞カテゴリの最新記事