内側のケア

内側のケア

内側のケア

肌のケアはとても大切ですとお話してきましたが、結局内側(食生活)を改善、意識しないといくら高い化粧品、機械を使用しても意味はありません。

と言うのも寒くなり暖房などに当たる機会が増えてきたりと肌が荒れてしまう時期になりました。乾燥、ニキビなどの予防、治す為になにを摂るべきなのかご案内していきます。知っている方は再確認のつもりで読んで頂ければと思います。

まず出てくるのが、ビタミンB、ビタミンCあたりが真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか?

ビタミンB

豚レバー、ウナギ、納豆、卵、乳製品、葉物野菜、魚、などに多く含まれます。今回は肌荒れトラブル回避のためビタミンB2か選択

ビタミンC

赤ピーマン、黄ピーマン、レモン、ピーマン、柿、キウイなど果物や野菜に多く含まれています。

等々を上手に取り入れてみてください。

次に肌の乾燥。いくら保湿しても肌がカサカサしたり、化粧ののりが悪かったりとそんな悩みは「ターンオーバー」がしっかり出来ているかによります。活性化させるのはタンパク質、必須脂肪酸、亜鉛、ビタミンA、ビタミンEなどを積極的に摂るようにしましょう。

タンパク質

ご存じタンパク質、女性の方なら、ソイプロテインなど大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをするのでおすすめです。

必須脂肪酸

動物性や、調理油ではなく、「オメガ3」と呼ばれる鯖やイワシなどの青魚に多く含まれるフィッシュオイル、「オメガ6」のコーン油、大豆油などに豊富に含まれます。

亜鉛

牡蠣、レバー、牛肉、卵、チーズに多く含まれており、肌や髪の毛などの健康を維持します。

ビタミンA

レバー、ウナギ、緑黄色野菜、などに多く含まれており皮膚や粘膜を正常な状態に保ちます。

ビタミンE

ナッツ類や、アボカド、魚介類に多く含まれます。肌の血行を促進して新陳代謝を促します。

上記をうまく摂取出来れば良いですね、現実難しい部分もあります、そんな時はサプリメントを上手に取り入れる事が出来れば欠乏することは少なくて済みそうです。

最後に保湿の観点から言うと「水分補給」も忘れずに行いましょう。いくら外から保湿しても内側が潤っていなければしっとりとした肌は手に入れることが出来ません。人は食べたもので出来ています。栄養バランスが崩れた食事をしていてはそのような身体になります。規則正しい食事をしている人はカラダは乱れません。今一度見直してはいかがですか?

トータル美容 三ツ井大基カテゴリの最新記事