筋肉痛に対する考え方

筋肉痛に対する考え方

筋肉痛に対しての考え

日々のトレーニングお疲れ様です。
トレーニングの翌日、足が筋肉痛で出社が大変だった。腕が筋肉痛であがらない。など
経験があるのでは無いでしょうか?

しかし、いままで来ていた筋肉痛が来なくなった時ありますよね?

あれ?しっかり出来ていなかったのかな?やり方間違えたのかな?

????がいっぱいになった経験ある人もいるかと思います。

いえいえそんなことはありません。ちゃんと出来ています。

筋肉がその重量に適応したって事です。で。筋肉痛が来ないといけないのかというとそうでもありません。

そもそも筋肉痛の原因はトレーニングなどして筋肉に傷がつきその怪我の痛みと思って頂ければ
いいかなと、その怪我を修復して成長して行くというメカニズムです。
だいぶ簡単に簡潔に書いています。

筋肉痛がなる原因をもう少しだけ、ご存じかと思いますが、トレーニングは何でもいいです。開始は楽ですよね。
徐々に負荷をあげていくと疲れて限界を迎えます。この時に筋肉に傷がつきそれが筋肉痛になります。
それを超えてしまうと本当に怪我をしてしまいます。
この筋肉痛が起るということは次回同じような負荷でトレーニングした際怪我をしないようにと筋肉を強くしようとするためです。

ここまでをまとめると、筋肉痛はあなた自身の筋肉を限界まで使いそのときにに生じた傷になります。
その傷を修復し成長させるのは次回同じような運動をした際また怪我をしないようにするためです。

では筋肉痛がこない人はと言いますと。
簡単です。あなた自身の筋肉に耐えられる負荷でトレーニングをしたからになります。
怪我をしないように。成長させなければ。と筋肉に呼びかける心配も無いので。筋肉は成長しません。

これはいけないことではありません。その人の目的によってはそのトレーニングこそ一番合っている負荷なのかもしれません。

あなたの目標とするところはなんですか?
ダイエット・ボディメイク・競技パフォーマンスUP・健康維持・などなど色々あります。
ボディメイクをしたい人に同じ負荷のトレーニングをいくら行ったところで筋肉はつきません。
また、健康維持の人に毎回重量をあげて筋肉痛がたくさん来るくらいまで行うのは果たして正しいでしょうか?
その人の目的を考えるのならば、その人に合った強度で行うのがベストな選択肢だと思います。

なので筋肉痛が必ず来なければならないと言うことはありません。きてないからといって間違ったやり方やフォームをしている訳ではないのでそこは心配しないでくださいい。

トータル美容 三ツ井大基カテゴリの最新記事