自宅トレーニング

自宅トレーニング

自宅トレーニング

皆さんトレーニングはしていますか?
もちろんしていると思いますが、頻度はどれくらいですか?
週1回?もしくは月1回ですか?
忙しくてジムに行く時間がない…という人もいると思います。
そんな時は家でトレーニングしましょう!

ということで、今回は自宅で簡単にできるトレーニングについて紹介していきたいと思います!!

全身のトレーニングだと長くなってしまうので、今回は皆さんが気になるお腹に特化して3つ紹介していきます!

お腹は大きく分けて、上、下、横と分けられます。
それぞれを1つずつ紹介します。

まずは、お腹の上部を鍛える【クランチ】です。
やり方:
1.床に仰向けで寝そべる
2.膝を90度に曲げ足を床につける
3.手を頭の後ろで組む
4.ゆっくりと上体を肩甲骨が浮くところまで上げていく
5.ゆっくりと上体を下げていく です!

ポイント:
1.足の力を使わないようにお腹の力で上体を上げる
2.反動を使わない
3.呼吸を止めない です!
これを1セット15回で3セット繰り返しましょう。

次は、お腹の下部を鍛える【レッグレイズ】です。
やり方:
1.床に仰向けで寝そべる
2.手を腰の上あたりに持ってくる
3.足をのばしたまま(もしくは90度に曲げて)骨盤の上まで持ってくる
4.足を床まで戻す です!

ポイント:
1.足を床に戻すときに手から腰が離れないようにする
2.お腹の力を抜かない
3.呼吸を止めない です!
これを1セット10回で3セット繰り返します。
この種目は、足を下げていくときに手から腰が離れると腰がそれてしまい、腰にきてしまうので気をつけましょう!

最後はお腹の横を鍛える【ツイスト】です。
やり方:
1.床に仰向けで寝そべる
2.膝を90度に曲げ、骨盤の上まで持ってくる
3. 手を頭の後ろで組む
4.対角線の肘と膝が付くように上体を上げていく
5.4と同時に反対の足をのばす
6.体を戻す
7.反対を繰り返す です!

ポイント:
1.足は骨盤より頭側に近づけない
2.体を斜め横にしっかりと上げていく
3.呼吸を止めない です!
これを1セット20回(片方10回)で3セット繰り返しましょう!

すべての種目のポイントで『呼吸を止めない』をいれているので、呼吸が大切なのはわかりますよね?
呼吸を止めてしまうと血圧が上がり、頭に血が上ったり、筋肉の前に心肺機能が気付きなってきてしまうので、しっかりと呼吸をしていきましょう!

どの種目も使っている筋肉、フォームが大事になってきます。
そこを意識してトレーニングしていきましょう!!

忙しいを言い訳にせず、空いてる時間にトレーニングして理想のお腹を手に入れましょう!

コンディショニング 馬場健丞カテゴリの最新記事