逆三角形のかっこいい体を作る筋トレメニュー

逆三角形のかっこいい体を作る筋トレメニュー

逆三角形のかっこいい体を作る筋トレメニュー

男性であればTシャツを着ていてもわかる逆三角形の体にあこがれたことはないでしょうか?なれるならなりたいなど思ったことはないでしょうか?

でもどこかで自分にはなれないと思ってあきらめたりしていませんか?
筋トレを継続して行えば、体は変化して正しく行えば逆三角形の体を作ることはできます。目標によって期間は変化しますが、継続して行えばだれでも体を変えることはできるのです。

今回は逆三角形の体を手に入れるための、おすすめの筋トレメニューを紹介します。

まず逆三角形の体を作るには広背筋という背中にあるとても大きな筋肉と、肩にある三角筋という筋肉を鍛えることにより逆三角形の体になりやすくなります。

広背筋は逆三角形の体を作るには代表的な筋肉ですが、肩を鍛えることがなぜ逆三角形の体を作るのかといいますと、三角筋は体の中でも一番外側についている筋肉であり、肩を鍛えて肩幅が広がることでウエストとの差をつけることができるからです。

ではこの広背筋と三角筋を鍛えるおすすめメニューの紹介です。

チンニング(懸垂)
チンニングは広背筋をメインに鍛えることができ、広背筋のトレーニングの中では高強度なトレーニングで広背筋の発達には欠かせない種目である。

ラットプルダウン
ラットプルダウンはチンニングと動作は似ていますが、全く別の種目であり広背筋の負荷をかけ続けやすい種目で逆三角形が作りやすい。

プルオーバー
プルオーバーはほかの2種目と違い、広背筋に対してストレッチがかかるときに負荷が一番かかりやすいためより逆三角形になりやすい種目である。

サイドレイズ
サイドレイズは三角筋を鍛える種目としては欠かせない種目であり、扱う重さもいろいろ扱うことができるが、丁寧に行わないと三角筋ではない筋肉の発達もしやすくなってしまうので丁寧に行う必要がある。

ショルダープレス
ショルダープレスは三角筋を鍛える種目としては、重い重さを扱うことができ三角筋に対してとても強い刺激を与えられる種目である。

この5種目をしっかり行い、かっこいい逆三角形の体を手に入れましょう。

フィットネスモデル 小川雄翔カテゴリの最新記事