水について

水について

水について

普段何気なく飲んでいる水ですが、水の重要性、必要性を知っていますでしょうか?
体にとって水を飲むことはとても必要なことです。では人は水を一日のうちにどのくらいの量を飲む必要があるのでしょうか?

水を飲む量、重要性や必要性について、何も知らない状態で飲むよりも必要性をしっかりと理解した上で水を飲むことがとても大事でしょう。

今回はこの水を飲むことの意味を理解していただくために、水について紹介します。

~目次~
1. 水を飲む必要性
2. 1日の摂取量目安
3. まとめ

1. 水を飲む必要性
水を飲む必要性としては、人間の身体の半分以上は水分でできており、体内の水分量が減ることで、脱水症状や熱中症など体調が崩しやすくなってしまいます。
水分の働きとしては血流をよくし、血流が良くなることで疲労物質や血液中の栄養の運搬などが流れやすくすること。
体温の調節や筋肉や内臓の動きを良くすること。
カラダの働きにとって水分を補給することはとても大事になります。

2. 1日の摂取量目安
では1日の水分摂取量の目安について紹介します
1日に必要な摂取目安としては【男性】は3リットルを目安に【女性】は2リットルを目安に摂取を心がけるとよいでしょう。
なぜかといいますと人間は1日の中で『呼吸』『皮膚から蒸発した水分』『便』などから体内から水分が出て行ってしまいます。
体内から出ていく水分よりも摂取する量が多くなるように水分補給するとよいでしょう。

3. まとめ
水分補給をすることは体にとってとても大事になります。
のどが渇いたと思ってしまっては水分不足になっている状態ですので、のどが渇いたと思う前にこまめに水分補給を行うことで、必要な量を飲むことができるので、まずは意識してこまめに水分補給を行いましょう。
女性もしっかりと水分補給をすることで肌の水分保持量が上がることで、美容効果が見込まれますので肌の調子を良くするために2リットルを目安に水分補給をしましょう。

フィットネスモデル 小川雄翔カテゴリの最新記事