ビタミンについて~前編~

ビタミンについて~前編~

ビタミンは体にとってとても必要な栄養素であり、ビタミンを摂取する事で体にとってどのように良いのか、なぜビタミンが必要なのかについて紹介します。

ビタミンは食事などから摂取されたエネルギーや栄養素の代謝などの働きがあり、ビタミンが不足することで体の調子が悪くなるなどビタミンは体にとってとても大事な栄養素の一つであります。

~目次~
1.ビタミンとは
2.ビタミンの種類
3.脂溶性ビタミンの働きと食材

1.ビタミンとは
ビタミンはたんぱく質、炭水化物、脂質以外の有機化合物の総称である。
ビタミンには13種類ありそれぞれを必要な量をとることが必要であります。

2.ビタミンの種類
ビタミンは13種類あり、それぞれ体内での働きが違うため、それぞれの特徴を把握していきましょう。

・ビタミンA
・ビタミンB群
【B1、B2、ナイアシン、パントテン酸、B6、ビオチン、葉酸、B12】
・ビタミンC
・ビタミンD
・ビタミンE
・ビタミンK

こちらがビタミンの13種類となります。

3.ビタミンの働き
ビタミンンの働きについてです。
ビタミンには水に溶ける水溶性、脂に溶ける脂溶性のビタミンに大きく分けることができる。

・水溶性ビタミン  ビタミンB群、ビタミンC
・脂溶性ビタミン  ビタミンA、D、E、K

に分けることができ、前編では脂溶性ビタミンの働きについて紹介します。

・ビタミンA
※発育を促す、肌の健康維持、暗いところで目を慣れさせる、鼻や口の粘膜に働き細菌から体を守る
(レバー、ウナギ、バター、緑黄色野菜、チーズ、卵)
・ビタミンD
※小腸や腎臓でカルシウムやリンの吸収を促進し、血液中のカルシウム濃度を保ち、丈夫な骨を作る
(魚介類、卵、キノコ類)
・ビタミンE
※抗酸化作用があり、体内の脂質を酸化から防ぐことができ、体内の細胞膜の参加による老化を防ぐ。血液中のLDLコレステロールの酸化による動脈硬化や生活習慣病や老化に関係する疾患を予防が見込まれる。
(ナッツ類、植物油、魚介類、アボカド)
・ビタミンK
※出血時の血液を固める因子を活性化。骨にあるたんぱく質を活性化させ、骨の形成を促す。骨粗鬆症の治療薬にも使われている。
(納豆、ほうれん草、小松菜)

こちらが脂溶性ビタミンの働きと、食材となります。

・水溶性ビタミンと豊富な食材について
・まとめ

については後編で紹介します。

フィットネスモデル 小川雄翔カテゴリの最新記事