たんぱく質について

たんぱく質について

たんぱく質について

たんぱく質は三大栄養素の一つであり、人間の体にとって必要な栄養素です。たんぱく質は筋肉の材料ということはよく言われますが、その他にはどういう働きをしているのか、どういう役割をしているのかなど、たんぱく質について紹介します。

~目次~
1.たんぱく質とは
2.たんぱく質の役割
3.たんぱく質の豊富な食材
4.まとめ

1.たんぱく質とは

たんぱく質とは糖質、脂質とともに三大栄養素の一つであり、人間の生命活動を支え、エネルギーとして使うことでカラダを動かすことができます。
たんぱく質は英語でプロテインと呼ばれており、サプリメントのプロテインもたんぱく質の摂取量を補うためのサプリメントがプロテインである。
プロテインの語源はギリシャ語で「プロティオス」と呼ばれており、その意味とは「一番大切なもの」「なくてはならないもの」という意味であります。
この語源の意味をみればたんぱく質が昔から人間にとってたんぱく質が必要だということが分かります。

2.たんぱく質の役割

たんぱく質の役割でとても有名な役割としては、筋肉の材料となるということがとても有名かと思います。
筋肉のためにたんぱく質を摂取する事は意識している方はとても多いかと思いますが他にも体にとってとても大事な役割をしています。
他の役割としては臓器、肌、髪や爪、体内のホルモンや酵素、免疫物質の材料ともなり、人間の体にとってはなくてはならない栄養素となります。

3.たんぱく質が豊富な食材

たんぱく質が豊富な食材について紹介させていただきます。
1日に必要な量としては最低でも【体重×1g】(※例60kgの人は1日に60g必要)は摂取する事で筋肉の分解を防ぎ、基礎代謝を下げないように摂取量を意識して摂取すると良いでしょう。

ではどの食材にどのくらいのたんぱく質量が入っているのかについて紹介します。

・肉類(※100gあたり)
【鶏胸肉、皮なし】22.3g【鶏胸肉、皮あり】19.5g【ささみ】23g【鶏レバー】18.9g
【牛もも肉】21.2g【牛ヒレ肉】20.5g【牛肩ロース肉】19.7g【牛レバー】19.6g
【豚ヒレ肉】22.8g【豚肩ロース肉】17.1g【豚レバー】20.4g【卵1個】7.3g

・魚介類(※100gあたり)
【さば】19.8g【まぐろ赤身】26.4g【サーモン】22.5g
【マイワシ】19.8g【ツナ】17.7g【鮭】22.5g
【サンマ】18.5g【ホタテ】13.5g

・豆類(100gあたり)
【枝豆】11.7g【大豆】35.3g【インゲン豆】19.9g
【木綿豆腐】6.6g【絹ごし豆腐】14.7g【納豆1パック50g】8.2g

4.まとめ
たんぱく質は昔から人間にとってなくてはならないとても大事な栄養素であり、それは今も人間にとってはとても必要な栄養素であります。
現代人は摂取量が足りない食事をしている人がほとんどです。
男性も女性も体にとってとても重要なたんぱく質を積極的に食事から摂取し、健康的な生活を送られるように努力すると良いでしょう。

フィットネスモデル 小川雄翔カテゴリの最新記事