重要な栄養素【ビタミン】

重要な栄養素【ビタミン】

ビタミンには水に溶ける「水溶性ビタミン」と脂に溶ける「脂溶性ビタミン」に分けられます。ビタミンは人体に必要な栄養素なのでそれぞれの効能や不足した際に身体に及ぼす影響を知っておきましょう。今回は美容やボディメイクに特に必要なビタミンBについて説明していきます。

ビタミンB1
【効能】糖質からのエネルギー産生と、皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きをします。また糖質を栄養源として使っている脳神経系の正常な働きにも関係しています。

【欠乏】不足すると糖質がうまくエネルギーにならないため、食欲の低下、疲労感などのような症状になり、さらに不足すると脚気やうつ症状になってしまいます。

【食品】ビタミンB1の多い食品は、豚肉、レバー、豆類などです。

ビタミンB2
【効能】主に皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きをするビタミンで、糖質、脂質、たんぱく質を体内でエネルギーにするなどの代謝を支える重要な働きをしています。活発に活動し、エネルギーをたくさん消費する人ほどビタミンB2はたくさん必要になります。

【不足】発育・成長が阻害されるほか、口の端が切れる口角炎、口内炎、舌炎などのように、皮膚や粘膜に炎症がおこりやすくなります。

【食品】レバー、うなぎ、卵、納豆、乳製品、葉菜類などに多く含まれています。

ビタミンB6
【効能】食品中のたんぱく質からエネルギーを産生したり、筋肉や血液などがつくられたりする時に働いています。このため、たんぱく質を多くとる人ほどたくさん必要になります。また、以上のことから皮膚や粘膜の健康維持にも役立っています。

【不足】湿疹などの皮膚炎や口内炎、貧血、脳波の異常などがおこります。

【食品】各種食品に含まれていますが、かつお、まぐろなどの魚類、レバー、肉などに多く含まれています。

ビタミンB12
【効能】葉酸と協力して赤血球中のヘモグロビン生成を助けています。悪性の貧血に有効なビタミンとして知られています。

【不足】赤血球が減少したり、異常に巨大な赤血球ができてしまったりする、巨赤芽球性貧血(きょせきがきゅうせいひんけつ)という悪性の貧血がみられます。極端な偏食でなければ不足はおこりにくいのですが、胃や腸を手術で切除した場合など、ビタミンB12の吸収に問題がある人、動物性食品をあまり食べない人、または菜食主義の人では、不足する可能性があるため注意が必要です。

【食品】動物性食品に含まれています。特に多く含む食品は、かきなどの魚介類やレバーなどです。

以上、ビタミンB群について説明してきました。ビタミンBは水溶性ビタミンであるため過剰に摂取しても身体へ悪影響を及ぼす心配は少ないです。しかしその反面、水に溶けやすい性質から洗いすぎたりしてしまうと栄養価が低下してしまいます。そのためおすすめなのが、鍋などに入れスープまでしっかり飲むことで無駄なく摂取することができます。とても大切な栄養素なのでしっかり摂取しましょう。

鍼灸×フィットネス 吉野渉カテゴリの最新記事